日別: 2018年6月4日

ホワイトニングをする方法

ホワイトニングをする方法は3つあります。ひとつは審美歯科に行って施術してもらう方法。もうひとつは自宅で行う方法、そして、審美歯科での施術とホームホワイトニングを併用する方法です。このサイトでは、それぞれのメリット・デメリットを比較します。

ホワイトニング歯医者さんで施術してもらうメリットは、なにより、白くなるレベルが高いことです。審美歯科で施術してもらう場合、歯の色を15段階に分けた色の表で4~8段階白くなります。デメリットは、費用が高いことです。医院や施術内容によっても異なりますが、1回の施術で3万円ほどです。また、当然ですが、予約を取って審美歯科に行かなければなりません。そして、時間が経つと色が戻るので、白さを持続させるためには定期的に通う必要があります。

自宅でホワイトニングを行うメリットは、自分に都合のいい時間にできることです。また、通販で買えるホワイトニング用のテープが14枚2700円ほどなので費用を抑えられます。デメリットとしては、歯の色が1段階程度しか白くならないこと、1日30分を14日続けないといけないことです。

3つめの審美歯科での施術と自宅ケアを併用する方法のメリットは、白さを維持できることです。審美歯科でマウストレーという型を作り、それを使って自宅ケアすると、歯が2~3段階白くなります。デメリットとしては、費用が、医院でのホワイトニング料のほか、ホームホワイトニング用のトレー代15000円ほどと薬剤が1回分2千円くらいかかることです。

これらメリットデメリットを比較し、自分にとってよい方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

最も歯を白くするには

このサイトでは、最も歯を白くし、その白さを持続する方法について説明します。

簡単な流れとしては、審美歯科でホワイトニングを行う→ホームホワイトニングを行う→毎日ホワイトニング用歯磨き粉を使う、です。

唇と歯
画像出典元 – ホワイトニング│湘南美容クリニック 大阪院

もう少し詳しく見ていきます。まず、審美歯科でのホワイトニングは、歯に過酸化水素という薬剤を塗り、光を当てます。これを3回繰り返します。1回の処置時間は約1時間です。1回でも効果は出ますが、1週間に1度を3回繰り返すと最も効果が高いです。ホームホワイトニングでは、審美歯科で作ってもらったマウストレーと、歯医者さんの薬剤より少し弱い過酸化尿素などの薬剤を使います。所要時間は1~2時間です。歯磨きについては、電動歯ブラシの低回転モードで行うと、白さを持続しやすくなります。

白さを最も効果的に持続させるための施術頻度としては、審美歯科でのホワイトニングは6か月~1年に1回程度、ホームホワイトニングは1週間おきに行うのがベストです。

また、白さを保つための注意点として、審美歯科でのホワイトニング後1時間程度は飲食を控えること、ホワイトニングに通っている期間中は、着色しやすい飲食物(コーヒー、紅茶、コーラ、赤ワイン、カレー、キムチなど)をなるべく避けることが挙げられます

このサイトを、予算や取れる時間などの範囲内で、最も効果の高いホワイトニングの参考にしていただければ幸いです。